top >新築エアコン工事

新築エアコン工事

新築エアコン工事見出し

安心してお任せください!当社の新築エアコン工事

基本に忠実なエアコン設置工事

工事業界にも価格競争が激化して、取り付け後に影響の出にくい工程の手抜き工事をする業者が横行しています。当社のエアコン工事は工程の手抜きをせずに丁寧に作業を行いますのでご安心ください。

電動式真空ポンプの使用

真空引きがしっかりできていないとエアコンの効きが悪かったり、本体の故障の危険性が高くなります。また、真空ポンプを使用する目的は、配管内を真空にすることと配管内の水分を除去することです。手動式の真空ポンプで行うもの、電動式で2~3分で終わるエアパージは真空にはなっていても水分は完全に除去できません。

トルクレンチの使用

配管のフレア接続部を締めつけ強さは強すぎても、弱すぎても良くありません。業者によっては取り付けは多数経験していて強さ加減は判ってるから、トルクレンチを使わない業者もいます。トルクレンチを使えば、だれが行っても適正の締め付け強さでナットを締めることが出来ます。

配管穴は筋交いを避ける

配管穴開けは慎重に行わなければならない工程です。安易に筋交いを切断損傷をしてしまうと、建物の強度が低下してしまいます。当社でエアコン入れ替え工事をして、筋交いの切断はたまに目にします。

配管穴スリーブ管の設置

配管穴にスリーブ管を設置する目的は、建物の気密性の維持、虫や小動物などの壁内からの侵入を防ぐことです。最近の建物は高気密住宅が増えていて、高気密のおかげでエアコンなどの稼働を抑え、電気代の省エネに繋がります。

配管テープ巻は下から上へ

配管テープの巻き方で数年後に違いが出ます。下から上へ巻くことで雨水の浸入によるカビ・コケの発生の予防になりますので、配管テープの劣化を低減することになります。

施工5年保証

当社作業が原因となる不具合が生じた場合、無償で対応させていただきます。
»保証規定
はこちら

明朗会計

見積や請求は、明確な項目と金額で提示します。作業中に、追加工事が必要な場合は事前に相談し、料金を提示します。

損害保険加入

作業中にお客様の財産を傷つけてしまった場合の保証に対応しています。なお、会社設立(2006年9月)以来そのような事故は発生していません。

作業場所の養生・保護

お客様の大切な財産である住まいの床や壁を養生・保護して作業します。あたりまえのことですが、最近はやっていない業者が多く、当社のお客様に安心していただいてます。

ご要望内容のヒアリング

作業前に説明と設置場所などの打ち合わせ時に、お客様のご希望をお聞きします。安全性や技術的に問題が起きない範囲でご希望内容を反映します。
»サービス向上への取り組み